カメの歩みで

流産経験者の過去の経験と今と。

BLOGTOP » ARCHIVE … 2008年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慣れたんじゃなかったっけ私?

20081031072841
前髪切りすぎたぁっ!

今までで一番やっちまったなー!

でも、これはこれでカワエェ。
スポンサーサイト

っぽ。

20081028005254
本日は晴天なり。

だもんで、車で20分の所にある海っぺりの公園へ。

そこで、初めて(多分ひなの記憶上)鳩に遭遇。
「ほら、鳩ぽっぽだよ!」と紹介したら「っぽ!」と言って追い掛け回していました。

…………

飛び立つ時にえらいビビッてましたが。

ばあちゃんといっしょ

20081026121126
ばあちゃんと遊ぶ娘を隠し撮り(隠れてないけど)。

ばあちゃん、今までと変わらない毎日を送ってます。

こんな母が、「トリプルネガティブ」と呼ばれる、あまり経過が良くない癌だという事を、21日に知りました。

抗がん剤しか手立てがないそうです。

しかし、抗がん剤が比較的良く効くそうで、抗がん剤で今存在してるかも知れない癌を退治出来れば、トリプルネガティブでない癌とリスクは変わらなくなる…らしい。
ネット上の情報なので不確実だけど、3年以内に再発や転移をする事が多いらしく、それ以降は格段に再発・転移する率が下がる…らしい。

「トリプルネガティブ」を検索しまくりましたが、ポジィティブシンキング出来るような内容の物が殆んど無く(さすがネガティブ!…とは言っても、ネガティブの意味が違いますが。ネガティブ=陰性の意味)流石に泣きました。

病院に行く度に悪い結果が増えていく。

ここまでいくと、「良くなる可能性」は無いんじゃないかと思ってしまう。
果ては抗がん剤をやる事で、身体の免疫力や体力が削られて、却って病状の悪化を招くんじゃないかと思ってしまう。

「病気の完治」が目標でなはく、これからいかに今の生活・身体の調子を維持して生活出来るか、と言うことに重きを置きたくなる。

「完治」が見込めない病状でも、副作用に苦しむ治療をする意味があるのか…それなら、残り少ないかもしれない時間と限りあるお金を、もっと楽しく過ごせるような使い方をした方が良いんじゃないか…。

でも、後悔しない為には、今出来る限りの治療を受けてみるべきなのか…。

そんな事をもう何日もぐるぐる考えています。

そんな時に、今度は旦那さんのお祖母ちゃんが心不全で入院という知らせ…。

もうヤだ。
なんで…こう…続け様に…?

金曜日にお祖母ちゃんのお見舞いをしに、茨城県へ。

弱々しかったけど、思ったより顔色も良く、ホッとして昨日帰って来ました。

こう色々あると、流石に今しんどいです。

自分が身体壊さないようにしないとな。

赤ずきんちゃん。

20081020120739
被るものが好きな娘。

でも「赤ずきんちゃん」と言うよりは「掃除のおばちゃん」的な。
********************
昨日、眠くて眠くて仕方なく、うつらうつらしていたら、旦那さんがひなを連れて外に行き、私を寝かせてくれました。
お陰で久し振りにゆっくりお昼寝出来ました。

ありがとう!旦那さん!

納得いかない!

先日、母のセカンドオピニオンを受けに行って来ました。

病気のことなので畳みます。

続きを読む »

タイトルなし

20081017205655
登ろうとしてますが、そりゃ無理ですがな。

実家の近くの公園で遊んできました。
一人で遊ぶには高すぎる滑り台でした。
なので、私も共に滑りましたが、おしりが…(涙)。

骨盤、広がったな…(太ったんだよ!とか言わないっ!)

私信:パソのメアド、変更になりました。

…知恵熱?

ひなの風邪をまんまと移され、39度の熱を出して臥せっていましたえみっちですこんばんは。

ようやく何とか軽快。でも、まだ咳がねー。

最近、実家の車を自宅の車庫のブロック塀にぶつけてへこませてしまったり…。
それを見た実父「えみっち、疲れてるんじゃないのか?」と実母にこっそり探りを入れられていたり。
普段だったらこんなヘマしませんよぅ。
…って事は、やっぱり疲れ?
風邪だって、今まではこんな高熱出なかったのになぁ。

インフルエンザが流行り出したようですね。
気をつけましょー。

明日(と言うか、今日)は、母のセカンドオピニオンの日です。
沢山調べたから、結構知識は増えたー。
…なんでこの集中力が学生の時に無かったのか…悔やまれます(苦笑)。

安心材料が増えてくれれば良いんだけどな。

母は変わらず元気で飄々としています。
仕事を辞めたので、これからどうなるか…少々心配ですが、子守でもしてもらって、気分転換してもらいましょー(…自分が楽したいだけ?とか言わないっ!)。

嫌だな

精神的に不安定な自分を自覚し始めた。
それが更に嫌な気分。

上手く気分転換が出来ないでいる。

元々、凹むとなかなか浮上できない性格なんだけれども、何か今までとは違う感じがして、実に嫌だ。

「病は気から」と言うが、そうだと思おうとして無理にテンション上げていくと、その後物凄い倦怠感に襲われる。
主婦なんて気楽な家業してるけど、実は意外と疲れてるのかもしれない。

旦那さんとのやりとりでも、随分がくーっとする事があるし。
…ってか、無神経発言多すぎです旦那様。

旦那さんに頼ってしまって悪いなーという気持ちがあるからか、何か思うように話せない。
休日も、気分転換にどこか連れていって~という一言が言えない。
これも、旦那さんに対する「遠慮」なんだけど。

時々「ぎゃーっ!」と意味もなく叫びたくなる。
そうすればスッキリするのかな、なんて考えてたり。

何か良い気分転換の方法を考えなきゃ…。

夜一人でコンビニ行っても気分転換にならないなんて。
甘いものを食べても気分が晴れないなんて…!

重症だなこりゃ。

多分、気持ちの持って行き場が無いからなんだろうな。
気持ちを吐き出せる場が無い、というか…。
遠方の友達にメールして、その時はポジティブシンキングでいられたんだけど、暫くすると、どーんと気持ちが沈む。

そして、こんな事ブログで書いてる自分にもどーんと来る。

書いてスッキリする事が多かったのになぁ、自分。
どうした自分。

母が一番大変なのに、こんなんでどうする自分!

喝っ!

癒されてるな。

母の癌告知から1週間を過ぎ、その間はネットに張り付いた生活を送っていました。
調べれば調べるほど、噴出す疑問の山。
少々疲れが出てきましたが、ようやく主治医の先生への質問や、セカンド・オピニオンに向けての
準備が整ってきました。

そんな中、娘が2日頃から風邪を引いてしまいまして…。
う~ん。やっぱりばぁちゃんの通院に連れて行ったから、もらって来ちゃったのかな。
ごめんね、娘よ。

でも熱は2日で下がり、今は薬が効いてる為か、鼻水も止まりました。

そんな中、今日はセカンド・オピニオンに対しての紹介状を貰う日でした。
娘の体調が怪しかったので、付き添わないつもりでいたのですが、どうしても主治医の先生に
聞いておきたい事があって、付いて行きました。

診察室に入るなり「今出してる検査の結果が出ないと、セカンド受ける意味がないよ」と
嫌な顔をされましたが、セカンドを受けたい理由や、先生への質問をしてるうちに、先生も
色々説明してくれるようになってホッとしました。
嫌な顔をされたからといって、怯んではいけないんだな~と実感。
主治医との話し合いを根気良く重ねる事で、主治医との信頼関係って築かれて
行くもんなんだなぁ、と。

そして、そんな中。
娘を抱えて母の通院に付き添う事に限界を感じてきていまして。
セカンドの時も、娘を連れて行って、泣かれたりしてしまうと話にならなくなってしまうことも
ありうる訳で。
更に、娘を何度も病院に連れて行くことへの抵抗感…等々
(実際、風邪を引かせてしまいましたし)。

娘をどこかに預けなきゃいけない時も出てくるな、と思いまして。

協力を仰ぐために、義両親にも、母の癌の事を知らせました。

こんな時ばかり頼りにして、迷惑を掛けてしまうなぁ…と思っていたのですが。
「協力できる事は何でもするから、遠慮なく言いなさい。
これからもっと大変になることもあるだろう?
こちらの事は気にしなくても良いから。家族なんだから。」という義父の言葉に
思わず言葉がつまりました。

私は、家族に本当に恵まれました。
グラビアアイドルかお前は!
この家族の笑顔にも癒されてますね、勿論。

そして、旦那さんにも。

「俺のことは気にしなくても良いから。」と言って、仕事から帰ってきてすぐに鍋を作ってくれたり。
喧嘩をした後から、ひなの面倒を良く見てくれるようになったり。

皆さん、どうもありがとう。
元気だよ~。

乳癌の闘いは、手術が終わってからだと言うそうです。
と言う事は、これから闘いなんだ!

実際闘うのは母ですが、私も知識上の援護射撃くらいは出来るようにしたいと思います。

色々…事が好転しますように!

何だか落ち着かないね

「育児日記」ではなく「母の闘病日記」と化しそうな予感。
でも、色々書き残しておきたい事もあるので、まぁ良しとしましょうかね。

…読んでくださる方には申し訳ないのだけれども。

母の癌が分かってからというもの、毎日本当に落ち込む日々が続いておりますが、こうやってパソコンの前に座れるようになったので、ちょっとは回復傾向なのかな?

そんなこんなしている隙に、娘が風邪を引いてしまいました。
ばぁちゃんの通院に付き合わせたりしたからなぁ…きっと病院でもらって来てしまったんだろう。
可哀想なことをしてしまっているなぁ。
思うように遊びに行けなかったり、私が暗い顔をしてしまっていたり。
娘の前では、努めて明るくしていようとは思うのですが、やはり嫌な事ってなかなか頭から離れてくれないもので。
私も「母」であるのと同時に「人間」なので、なかなか思うように気持ちのコントロールが出来ません。

そんなダメ母を、オモシロ行動で和ませてくれる娘。
実母も、孫といる間はあまりいやな事を考えなくて良いようです。

こういう時「子供を産んでよかった」と思います。

娘に助けられてるなぁ。


先日、娘が産まれてから、初めて旦那さんに娘を任せて夜遊びに行きました。
以前勤めていた所の飲み会(お世話になった方の送別会)に行ったのです。

「9:30には帰るね。どんなに遅くても10時には帰るから。」と約束したのですが、飲み会の開始時間から30分ずれ込んだ為、終了したのが9:30でした。
それでも9時に帰ろうとはしたのですが、飲み会の席ですもん、なかなか抜けられませんでした。
酔っ払い前上司達を何とか振りきり、お店を出たのが9:30でした。

車を飛ばして(授乳中なので飲んでませんよ!)大急ぎで帰ったものの、家に着いたのが10:10頃でした。

顔を合わせるなり「随分約束が違うじゃないか」と一喝。
そして、特段眠そうでない娘を寝室へ連れて行き「可哀想だから早くおっぱい飲ませてやれよ!」と上から怒られる始末。

約束を破ってしまったのは私なので、そこは本当に申し訳ないと思う。

なので、言い訳は出来ませんでした。
でも、悔しいので、ここで言い訳させてください。

何故、娘が可哀想だったのか。
パパが一緒にいるんだから、大丈夫だと思うんだけど。
眠くてぐずったのなら、寝かせる方法なんておっぱい以外でもいくらでもあるだろうに(その為に自宅の車を置いていき、実家の車をわざわざ借りて行ったのに)。

たった3時間、旦那さんは面倒見れないのか。
その後、娘は眠い気配がなく、再度起きて1Fで遊んでいました。

「娘が可哀想」という言葉を盾に、私を責めてきたとしか思えない。
だって…「可哀想」な雰囲気では無かったよ?
泣きじゃくった様子も無かったし。

これが、私が何時間も帰ってこなかったのなら話は分かる。

でも…。

んー…でも、やっぱり約束を守れなかった私が悪いんだろうな。

夏の虫取りの夜遊びをする時は、何時に帰ってくるか分かんないのにね。
ママは夜遊びしたら子供が可哀想で、パパが夜遊びしても子供は可哀想じゃないんだぁ。
ふーん。へぇー。

…嫌味でごめんなさい。


しかし…母の事で相当落ち込んでるんだから、もうちょっと寛大でいられないのかしら…(←本音ポロリ)。

それとこれとは話が違うけれども。
ランキーング

FC2ブログランキング

宜しかったらぽちっとお願いします。 更新頑張っちゃいます♪

今いくつ?


リンク
訪問してくれた方々

ナイショ話にどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別記事
ブログ内検索

お友達になっちゃう?
すくパラ倶楽部さん

banner

お仲間に入れていただいています♪

管理者用
私事

えみっち

Author:えみっち
神奈川在住 32歳。

初めての妊娠で12週自覚症状
全く無し繋留流産を体験。
原因不明(検査しておらず)。
20代前半に卵巣膿腫を患い
左卵巣がありません。

2007年3月13日に無事に
女の子誕生。
3歳年上の旦那さんと
3人暮らし。

親子共々の成長日記です。

好きなものはどうぶつの森WiFi通信。

当ブログはリンクフリーです。
「リンクしてやったぞ!」と
ご連絡頂ければご挨拶に
伺わせていただきます♪

トラックバックは内容に
沿ったものでお願い致します。

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の戯言
最近の叱咤激励
最近のトラックバック
全記事リスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。